フィールドも街も…どこでもWind Riverを連れてって。

福岡ストアのケイです。

桜の季節も終わりかけ、温度も上がってきましたね。
日差しのある日中は人によっては半袖でも過ごせますが、朝晩はまだ肌寒く着るものに困る季節の到来でもあります。

・お花見してて、夜になると風でめっちゃ寒い
・ランニングで、走ってる時は体温が高くなるから気にならないけど止まると寒い
・自転車乗る時とか、風が出てくると肌寒い

・暑がってクーラーとか入れてる所に入ったら、肌寒い

そんな日常の場面でも、フィールドでも大活躍の製品をご紹介

Teton Bros Wind River Hoody


ランニングや自転車、登山など全てのアウトドアスポーツで季節を問わず直面する環境があります。

『風』です。

行動中激しく動く際、例えば登山中、ハイクアップするときには運動量が多く上着を脱ぐことが多いです。

でも頂上につくとビュンビュン風が吹いていることも
汗をかいた状態で、風に吹かれると体温が下がってしまい、体力を奪われることも少なくありません。場合によっては低体温症を引き起こします。かなり危険なのです。

じゃあレインウェアとか着ればいいやん…
と思う方もいらっしゃるかも

でもレインウェアは一般的には少し分厚く、湿度が高い場面や、行動して体が火照っている時は着られたもんじゃありません

そうした場面に対応するため、行動中でも風を抑えることができるウインドシェル(もしくはソフトシェル)と呼ばれる製品があります。

STRIDE LABでも人気のウインドシェル、それが

Teton Bros Wind River Hoody

なのです。

Wind Riverに使用されているファブリックはQuantum Air。

Pertex®とは、ダウンジャケットや寝袋、アウトドア装備品など幅広くアウトドア用品に使用されている優れた防寒用素材です。

イギリスのメーカーPerseverance Mills社によって開発されました。
実はもともとパラシュート用のナイロン素材などを開発していたメーカー。
パラシュートに求められる軽量で優れた耐久性を持った繊維の開発ノウハウは、現在では多くのアウトドア製品に採用されています。


Pertexという名前のファブリックはいくつか種類があり、いくつかの繊維の強度・防水性・透湿性などを変化させたファブリックを開発することで、様々なアウトドアの場面に対応しています。

その中でWind RIver に使われている
Quantum Airは極細のナイロンの糸を高密度で織られ、防風性・撥水性・伸縮性・通気性を持つファブリックです。


Teton Brosの人気商品でもある
Wind River Hoody
Quantum Airの特徴を最大限に活かした製品。


細身のシルエットながら高いストレッチ性を持ち、運動中の動きを妨げにくい構造になっています。

そして抜群の通気性を持ち、シェルの内側で発生するムレを解消します。肌に接する面には微細な凹凸があり、汗をかいた場面でもシェルが体に張り付く不快感を抑えてくれます。

耐風性もあるので、走っている時や自転車に乗る時など、寒いからといって厚い服を着ると汗ばむようなシーンでも、
Wind riverなら常に快適
薄いのに風を通さずに、シェルの中は快適

この着方を覚えると、もう戻れません
STRIDE LAB関係者の中でも特に使用率が高い製品なのです

なお

この製品が好きすぎる東京の店長さんによる、レビューもございます。ご覧ください。

福岡ストアにも
この人気商品が入荷しました。ウィメンズもございますのよ。

福岡ストアにも今なら人気サイズも入荷しています。
街でもフィールドでも、どんな場面でも使いやすい
Wind River Hoody

ぜひ福岡ストアまで見に来てくださいね。
人気商品のため、今のうちに…

STRIDE LAB 福岡ストア
オープニングイベント
4/10(水)出張ゼロベースランニングラボラトリー
ゲスト:高岡尚司さん

4/20(土)Tomo’s session in Fukuoka Day1-running life-

4/21(日)Tomo’s session in Fukuoka Day 2 -Blood flavor-

instagramfacebookもやってます。ぜひ気軽に参加できるイベント、ゆるっとしたナイトランなど色々予定しているのでぜひフォローしてください!

STRIDE LAB福岡
12:00-19:00
TEL:092-715-3564

ACCESS
福岡市中央区大名2-11-15
Shin-Akasakamon 2F
焼き鳥屋「戦国大名家康」様の2階
・地下鉄空港線 赤坂駅「一番出口」より徒歩3分

 

LUNA SANDALS 走ること、考えることを変えてしまうサンダル。

 

ランニングスポットやマラソン大会、時には山で、ぴったり足に張り付くサンダルのランナーを見かけたことはないでしょうか?

「危ないんじゃない?あれで走るの?」と最初は多くの方がサンダルで走ることに疑問を持たれると思います。(私もでした)

 

そのランナーの多くが身につけているものは
LUNA SANDALS(ルナサンダル)というブランドが作っているものです。

実はルナサンダルは、人が自然に走ることを見直し、考え方までも変えてしまう可能性を秘めたサンダルなのです…

創始者のテッド・マクドナルド氏は長い間、ギプスのように固定された最新のランニングシューズで走り続け、痛みに悩んでいました。ある時、それらのシューズを投げ出し、走り出すことにしました。

すると、たちまち彼の足は解放され、そこからベアフット・ランニングのパイオニアが生まれたのです。

 


2006
年春、ベアフット・テッドは数人のエリート・ウルトラ・ランナー達とメキシコは北部に位置する「コッパー・キャニオン」を訪れました。

南米の秘境、コッパーキャニオンには文明から距離を置いて「走ること」を生活の中心にする謎多き先住民族のララムリ(タラウマラ族)が暮らしていました。
深い峡谷に隔たれた山の上で、豆やトウモロコシを育て、文明を避けるようにひっそりと暮らす彼らは、「走る民」とも呼ばれています。
タイヤのゴムを足の形に切り抜き、革紐をつけただけのサンダルで彼らはグランドキャニオンよりも大きい峡谷を数十キロ、時には100マイル以上を走ってしまいます。

 

彼らのシンプルな生活から生まれる、力強くも自然な走り方が現代の欧米人に与えた影響は大きいものでした。
(この続きが気になる方はナチュラルランニングのバイブル「BORN TO RUN-走るために生まれた-」[NHK出版]をお読みください。福岡ストアにもあります!)

特にララムリが履いているサンダル「ワラーチ」が注目され、そこから「正しいランニングフォームとはなにか?」と現代のランナー達がナチュラルランニングに取り組むきっかけにもなりました。

そんな伝説の走る民ララムリと交流を深めたテッド伝統のワラッチ・サンダルを作る名人の「マニュエル・ルナ氏」に出会い、その作り方とその哲学を伝授されました。

そして、彼らのワラーチを基にルナサンダルが誕生しました。

ルナサンダルは素足にゴムというシンプルな構造のため、裸足に近い感覚で走ることができます。

皆さんがいつも通っている道を「裸足で」走るとどうなるのか?想像してみてください

いつもシューズで何も考えずに走っているなんてことない道でも、足裏に多くの刺激を感じて、人によっては全く走れないと思います。
裸足で走ろうとすると、踵からではなく、つま先の方から優しく着地して、なるべく衝撃の少ない走り方になると思う方が多いのではないでしょうか?

人間の足には、固有受容器と呼ばれる無数の感覚器があります。

クッションが厚いシューズを履いた時などは、その感覚器が地面から受ける刺激を感じにくくなります。
コンクリのゴツゴツだって、砂利道の小石だって、小枝だって踏みつけても何も感じません。

ところが裸足感覚に近いサンダルではそうもいきません!

路面の細かな突起物に当たれば痛みとなって刺激を受け取ることができますし、人によってはペタペタとかっこ悪い足音がなることでしょう。しかし痛みが出たら、人間は自然と「痛くない」走り方を勝手に探し出します。

この固有受容器は人が歩行する上では、とても重要な機能を持っています。足の付近にある障害物・危険を察知し感覚としてキャッチする機能です。

足裏の感覚をキャッチすることで、いわゆる怪我をしにくい自然な走り方(ナチュラルランニング)に体が対応していきます。
刺激によって自然にストライド(歩幅)は狭く、同じスピードで走ろうとした場合ピッチは速く、衝撃の少ない走り方に導かれていきます。

 

ルナサンダルを履く人の多くが、
「サンダルが走り方を教えてくれる」と言われます。

シューズのクッションには頼らず、自分の持って生まれた感覚を研ぎ澄ませることで、人が自然に「走ること」「立つこと」「考え方」まで見直すきっかけにもなります。
多くのランナーがルナサンダルを履くことで、「これまでの考え方が変わった」「走ることがまた楽しくなった」と言われるのも自然な流れなのかもしれません。

 

 


ルナサンダル

「いいな!履いてみたい!」と思った時期にはすでに売り切れていることも多い人気商品です。

その理由は、シアトルで丁寧にハンドメイドされているので生産量にも限りがあるから…

4月、そのルナサンダルが福岡ストア、1号店の聖蹟、オンラインショップに入荷しました。

今回入荷したものは2種類。

Venado 2.0
LUNA SANDALSのシリーズの中で最もベーシックでソールが薄いモデルです。

「ランニング障害」からランナーを守るため、ケガをしにくい効率的なランニングを研究した末にたどり着いた形がルナサンダル・ベナードモデルです。


そしてバージョンアップした

MONO-Wingd Edition-

今回初登場するストラップのウィングによって、どんなかかとの形の人でも履けるようになりました。従来のストラップよりも圧倒的に履きやすく、履いた状態からでもストラップの調整が可能になり、使い勝手が格段に向上。また、ストラップが地面と擦れないことで、耐久性も格段に上がりました。

 

LUNA SANDALSのシリーズの中でも汎用性の高さはピカイチのMonoシリーズは、在庫がなくなる前のマストバイな商品と言っていいでしょう。

ぜひ、ルナサン欲しかった方、走りを見直すきっかけが欲しい方など在庫がある今のうちに
福岡ストアや東京の聖蹟STRIDE LAB ONLINE SHOPまでお越しください!元気にお待ちしております!

STRIDE LAB 福岡ストア
オープニングイベント
4/10(水)出張ゼロベースランニングラボラトリー
ゲスト:高岡尚司さん

4/20(土)Tomo’s session in Fukuoka Day1-running life-

4/21(日)Tomo’s session in Fukuoka Day 2 -Blood flavor-

instagramfacebookもやってます。ぜひ気軽に参加できるイベント、ゆるっとしたナイトランなど色々予定しているのでぜひフォローしてください!

STRIDE LAB福岡
12:00-19:00
TEL:092-715-3564

ACCESS
福岡市中央区大名2-11-15
Shin-Akasakamon 2F
焼き鳥屋「戦国大名家康」様の2階
・地下鉄空港線 赤坂駅「一番出口」より徒歩3分

 

STRIDE LAB福岡店 本日オープン

おはようございます。福岡の中平 渓です。

本日、
STRIDE LAB 福岡ストアオープンします!

新しい福岡の地で、
生涯スポーツとしてランニング・ウォーキング・
ハイキング・トレイルランニングなどのスポーツを
楽しめるように専門的に勉強したスタッフが
お客様一人ひとりに合ったサービスを提案します。

本日はストアに来ていただいた皆様に楽しんで頂けるように
東京からのスタッフやアンバサダーの方々にも
応援に来ていただきます。
ぜひお越しください!


そして福岡ストアオープンについて
ランニングマガジンの
「Runners Pulse」様にて取り上げて頂きました。
是非ご覧ください!
(http://runnerspulse.jp/stridelab190328)

STRIDE LAB 福岡ストア
オープニングイベント

3/31(日)走りを見直してパフォーマンスUP! 
ゲスト:矢田夕子さん

4/10(水)出張ゼロベースランニングラボラトリー
ゲスト:高岡尚司さん

4/20(土)Tomo’s session in Fukuoka Day1-running life-

4/21(日)Tomo’s session in Fukuoka Day 2 -Blood flavor-

instagramfacebookもやってます。

STRIDE LAB 福岡
3/30グランドオープン

福岡市中央区大名2-11-15
Shin-Akasakamon 2F
焼き鳥屋 戦国大名家康様の2階

地下鉄空港線 赤坂駅 「一番出口」より徒歩3分

4月福岡ストア ストアイベント

福岡ストアオープンまで、あと5日!

こんばんは、STRIDE LABの中平です。
お店の中は完全に商品が並び、かなり綺麗になりましたよ。

東京のSTRIDE LABでは、毎週ストアでイベントを開催しています。多くの方々が集まって楽しまれています。

4月からは福岡ストアでもしっかりとストアイベントを行っていきます!

・春になったしランニング始めよっかなあ…
・街を走りたいけど、着替える場所がないから困る…
・夜に一人で走るのは怖い…
・夜桜見ながら走りたい…
・カレー食べたい
などなど

福岡ストアのオープニングイベントに加えて、
春で走りたくなってきた方々に持ってこいのイベントをご用意しました!


 

3/31 オープニングイベント
走りを見直してパフォーマンスUP!TREAT 矢田夕子さん

4/3 ゆるっと大濠まで夜桜ナイトラン

ガツガツ走る人たちと一緒はちょっと…
全然早く走れないんだけど…
春になったし、走ってみたいけど誰かと走りたいなあ…
という人にはもってこい!
みんなで気軽に、お花見気分でランニングをしませんか?
ペースはだいたいキロ6〜7くらいで
桜の名所舞鶴公園から大濠公園まで夜桜を見ながら、ナイトランをします。ゆるっと、花を見ながら楽しめるペースで楽しみましょう!
☆19:20 出発
20:40 終了予定

4/7 LTRプログラム
早く走るのも良いけれど、まずは長く・らく〜に楽しく走るために体の使い方を学びましょう。
ランニング初心者から、走り方を一度見直したい方や、走るとどうしても足が痛くなってしまう方々など、
アルトラ社が提唱する走り方を一緒に学んでみませんか?
(14日と28日も同じ内容)
☆9:00 お店に集合
 10:50   終了予定


4/10 オープニングイベント
出張!ゼロベースランニングラボラトリー 高岡尚司さん

4/14 LTRプログラム
☆9:00 お店に集合
 10:50   終了予定

4/17 ナイトラン
この日はゆったり大濠公園までランニング(予定)
ゆるっとどなたでもご参加ください
☆19:20にお店から出発
 8:50には終了予定

オープニングイベント
4/20 Tomo’s session in Fukuoka Day1

4/21 Tomo’s session in Fukuoka Day2
100マイル完走数日本記録保持社 井原知一さん

4/24 カレーナイトラン
この日はゆったりランニングの後、お店で着替えてから
カレー屋さんに直行します。今のところスリランカカレーを予定。美味しいカレーを楽しみましょう!
19:20にお店から出発
     ランニング終了後、
     20:10一緒にカレー屋さんに出発!

4/28 LTRプログラム
☆9:00 お店に集合
 10:50   終了予定


※お店の試着室で着替え可能です。人数が多いと混雑するのでお早めにお越しください。

各イベントの詳細はFACEBOOKのイベントページでお伝えしていきます。

どなたでもご参加くださいね〜

instagramfacebookもやってます。

STRIDE LAB 福岡
3/30グランドオープン

福岡市中央区大名2-11-15
Shin-Akasakamon 2F

地下鉄空港線 赤坂駅 「一番出口」より徒歩3分

他とは違う機能性のソックス drymax

オープンまであと6日!
今日は人気商品の紹介です。

drymax スポーツソックス

「drymax」の画像検索結果

ランナーにとってシューズ内の湿気は最大の敵になります。

湿気は、足の痛みや水膨れ、水虫、匂いを引き起こしているバクテリアを誘発するとともに不快感を引き起こす原因。

ですが向上心豊かなランナーは

日々のランニングに限らず、マラソン・トレイルランニング・ウルトラ・ウォーキング・ハイキング満員電車・営業まわり…etc

などなど湿気満載のフィールドに繰り出して戦います。
(一部ランナー以外の方も)

フィールドではランナーの足は汗、水たまり雨など常に湿気にさらされています。

そこでdrymax!

(ちなみに写真のモデルは人気のThin Running-Mini Crew

drymaxの一番の特徴は、ウールやポリエステル等の他繊維と比べると25倍もの疎水性のある独自素材と、その素材を最大に活かす構造

構造としては

①水分を含まない疎水性素材を生地の内側に使用。
これによって足の表面には水分が停滞しにくい状態になる。

②足裏の汗をソックスの表面側へと移動させる『毛細管現象』

[★簡単!サイエンスタイム!]

毛細管現象とは繊維と繊維の「すきま」のような細い空間を、重力や上下左右に関係なく液体が浸透していく現象。
ここでは、
繊維の密度が『大きい』ところから密度が『少ない』ところへ自然に水分が流れていく構造の事。-

その現象を取り入れるため、drymaxではソックスの表面と裏面では全く違う起毛が施されています。この構造により、足裏の皮膚への水分を保持しないようにする構造になっています。


 

こういった機能を持つため、
「キツか~!」と帰宅後、風呂場でソックスを脱いだ後の足の乾き具合たるや!
サラッサラです!さらっさら!

長いレースでは足裏の皮膚が水分を保持するとソックスとの摩擦で水ぶくれやマメが出来やすくなってしまい、「なんか違和感あるなあ」と思いながら走っていると皮がベロンとめくれてしまうことも

そんな長距離ランナーの悩みを解決する為に開発されているのがDRY MAXなのです。


4月に福岡でイベントを開催していただけることが決まった、

現時点で100マイル完走数の日本人最高記録を持つ
井原知一選手、通称「トモさん」にもdrymaxは使用されています。
トモさんが挑まれる過酷なフィールドでも快適性を保ち、圧倒的なパーフォマンスを足元から支えています。

Processed with VSCO with a6 preset

オープニングイベントで井原選手を福岡にお招きします!

福岡ストアにも沢山のdrymaxが入荷してきました!今日、陳列!

人気のTHIN RUNNINGやTRAIL RUNNINGシリーズはもちろん、希少なカラーや「トライアスロン用モデル」や「サイクリング用」など珍しい物も豊富に取り揃えています。
既に愛用されている方にも楽しんで頂けるラインナップになっていますよ。

気になる方は是非遊びに来てくださいね!
(遠方の方にはストライドラボのオンライショップもあります)

STRIDE LAB 福岡ストア
オープニングイベント

3/31(日)走りを見直してパフォーマンスUP! 
ゲスト:矢田夕子さん

4/10(水)出張ゼロベースランニングラボラトリー
ゲスト:高岡尚司さん

4/20(土)Tomo’s session in Fukuoka Day1-running life-

4/21(日)Tomo’s session in Fukuoka Day 2 -Blood flavor-

instagramfacebookもやってます。

STRIDE LAB 福岡
3/30グランドオープン

福岡市中央区大名2-11-15
Shin-Akasakamon 2F

地下鉄空港線 赤坂駅 「一番出口」より徒歩3分

シューズブランドALTRAの大きな2つの特徴

 

こんにちは、福岡ストアの中平です。

オープンも近づいてきましたので、ストアで取り扱う製品についてもご紹介していきます。

今日はシューズブランド ALTRA(アルトラ)について。

最近では街や山やレースでも履いている方を見かけるようになりましたが、改めてアルトラのシューズの持つ大きな特徴を紹介します。


アルトラは元アメリカ代表の長距離ランナーだったゴールデン・ハーパーによってユタ州で創業されました。

エリートランナーでありランニングショップのマネージャーだった彼は、シューズブランドが数々のシューズを進化させていく一方で、ランナーのケガは少なくならない状況に違和感を覚えていました。


彼は自分のお店でトレッドミルで走るランナーを見て
「裸足で走っているときは体の真下で着地し、
足が地面と平行でフラットな状態で着地しようとするのに対し、
シューズを履いた場合はヒール部分が重く、かかとが厚いため
つま先が上がった状態でヒールストライクになりやすい
ということに気がつきました。

こういった現象からランニング障害の原因のひとつが
シューズにあると考え、ランニングによって引き起こされるケガ(ランニング障害)を起こさないために…
「自然な走り方」ができる究極のシューズをコンセプトにした
シューズブランド「アルトラ」を創設します。

ではアルトラのシューズの独自の特徴をご紹介します。


1.ゼロドロップ

ゼロドロップはアルトラの原理です。
ソールのヒールとつま先の間に高さの差がないことを言います。

今までのシューズはヒール部分が高くなっており、重さのバランスもヒール部分が重いため、より早く重心の前方で着地し、ヒールストライクがより強調されやすくなっています。

もともと多くのブランドで採用されている踵のクッションは、ランニングを快適にするために開発された構造ですが、逆にランニング障害に繋がる動きであるヒールストライクを誘発していた可能性が考えられます。

こういったエビデンス(根拠)からヒールとつま先に高低差がなくフラットなゼロドロップが開発されました。

ゼロドロップは人間の姿勢を維持する上でも重要です。

2.「幅が広い」のではなく、『フットシェイプデザイン』

アルトラのシューズのデザインは他社と同じように
足の中足部を保護し母指球、中足骨、踵骨を一直線に並ばせて安定させるデザインです。
大きな違いはつま先ににかけて細くなる形にしていないということです。

このアルトラのフットシェイプデザインは、多くの健康的な
ランナーの足にソックスを履かせた時の形をベースに木型を作っています。
この製法により足部の無駄な緊張をなくし、靴を履いていながら自然な状態に保つことができます。

アルトラのシューズは履けば履くほど足は自然な形に戻り、母子、母指球、踵骨が一直線に並ぶことでアーチの構造がロックされ、生まれ持ったスタビリティ(安定性)を作り出すことができます。

(よくよく考えてみると、靴のとんがった形が指の自然な形に会う人なんていませんよね。)

ちなみにアルトラのシューズのフィッティングに関しては、前足部に少し余裕があるくらいを正しいサイズとして提案しています。

シューズを履くたびに靴紐をしっかり結び中足部を安定させることで、足指が解放されます。お持ちの方はぜひ試してくださいね。
※この安定感は中足部をしっかりと包み込む構造のアルトラだからできるものでブカブカのシューズで紐をきつく縛っても、
内部で足が動いてしまうので悪影響になりかねません。


ランニングでの故障を根本的に見直したい。
履いている状態でも指をしっかり使えるシューズを履きたい。
体の本来の力を取り戻しパフォーマンスアップしたい。

そんな方々にも

「自然な走り方」ができる究極のシューズである

アルトラは大きな力になります。

春からオープンするSTRIDE LAB 福岡ストアでは試着をしたり、ストアイベントでは試し履きのシューズをご用意し、たくさんの方々にアルトラの良さを体感していただきたいと考えています。

ぜひお店まで遊びにきてください!

STRIDE LAB 福岡ストア
オープニングイベント

3/31(日)走りを見直してパフォーマンスUP! 
ゲスト:矢田夕子さん

4/10(水)出張ゼロベースランニングラボラトリー
ゲスト:高岡尚司さん

4/20(土)Tomo’s session in Fukuoka Day1-running life-

4/21(日)Tomo’s session in Fukuoka Day 2 -Blood flavor-

instagramfacebookもやってます。

STRIDE LAB 福岡
3/30グランドオープン

福岡市中央区大名2-11-15
Shin-Akasakamon 2F

地下鉄空港線 赤坂駅 「一番出口」より徒歩3分

福岡ストア 場所発表&オープニングイベント

東京研修を終えて福岡に帰ってきました中平です。

2ヶ月間。スタッフの方も、仲良くなった方々も、
お客様も皆さんに温かく迎えていただき、
しっかりと学ぶことができました。
本当にありがとうございました。


いよいよ現地でオープンにむけて動き出します。

オープンまであと14日なんです!

今回はついに…

福岡ストアの住所を発表します。

場所は福岡市営地下鉄「赤坂」駅から徒歩3分

福岡市中央区大名2-11-15
Shin-Akasakamon 2F 

福岡の皆様にわかりやすく言うと…

大正通り沿いの焼き鳥有名店
「戦国大名家康」様の上!
とても美味しい老舗です。

 

ランニングスポットの大濠公園・西公園も近く
ランナーからしたらたまらないスポットですよね。

こんな普段走っている街中で…

100マイルレース日本記録保持者の
井原知一さん(通称:トモさん)と走るイベントを
2日間ご用意!九州でイベントを行うのは今回が初めて!

1日目は福岡の街をトモさんと一緒に走り夜は楽しむ
トレランを始めたい人、話を聞きたい、どなたでも参加しやすい『ランニングライフ

2日目は一緒に少しハードに山を走って、夜は過酷なトレイルの世界の話を聞く
Blood flavor
など多くのお客様に楽しんでいただける内容をご用意します。

Processed with VSCO with a6 preset

ほかにも…

裸足の元日本記録保持者のゼロベースランニング、高岡尚司さんと話せたり



UTMF女性準優勝ランナーでトレーナーの矢田夕子さんと走ったりするオープニングイベントもたくさん用意しています!

 

e-moshicomのサイトから募集中。

もしくは直接こちらのメールアドレス(nakahria@stridelab.jp)
まで、ご連絡ください。

こんなに豪華な方々を一気に呼べるのは、
福岡ストアのオープニングイベントだけですよ!

お話を聞きたい方も、体験してみたい方も、
春になって体を動かしたくなってきた方もぜひお越しください。

3/30にオープンしてからもバリバリ盛り上げていきますので

どうぞよろしくお願いします。

 

STRIDE LAB 福岡ストア
オープニングイベント

3/31(日)走りを見直してパフォーマンスUP! 
ゲスト:矢田夕子さん

4/10(水)出張ゼロベースランニングラボラトリー
ゲスト:高岡尚司さん

4/20(土)Tomo’s session in Fukuoka Day1-running life-

4/21(日)Tomo’s session in Fukuoka Day 2 -Blood flavor-

 

STRIDE LAB 福岡

3/30グランドオープン

福岡市中央区大名2-11-15
Shin-Akasakamon 2F

出張・ゼロベースランニングラボラトリー

この走り方で大丈夫なのか…?
痛みがでても原因がわからない…?

ランナーが一人で練習していると疑問は自然と出てくるもの

そんな

記録が伸び悩んでいる、
ケガに悩まされている、
もう故障してから全然走ってない

ランナーにぴったりのイベントを開催します

今回は、裸足でのマラソン元日本記録保持者の

高岡尚司さんをSTRIDE LABにオープニングゲストとしてお招きします。

高岡さんはケガの影響で選手の道をあきらめ、
トレーナー、鍼灸・あん摩マッサージ指圧師としてランナーや故障を抱えている方に向き合って行く中で、
現代のランナーが抱く「走ること」の常識には、大きな誤解があることに気づきました。

活動していく中でたどり着いたランニングメソッドが
「ゼロベースランニング」

常識と考えられていることを、全て一旦捨て去り
今までの間違った常識を改め、体の機能と重力を最大限に活用した、ナチュラルランニングを提唱されています。

高岡さんはゼロベースランニングを広め、多くのランナーが
怪我なく「生涯ランニング」を楽しめるようにするため
全国各地で数多くのイベントを開催中。

自らの選手として、多くの怪我を乗り越えてきた経験を活かしつつ、トレーナー・マッサーの知識から人の走るという行為をゼロから見直す考え方は多くのランナーに支持されています。

福岡でも月1回のペースで「ゼロベースランニング道場」を開催されています。

イベントではランニングに関する体の使い方をレッスンし、
体験者は全く意識していなかった筋肉を使うことで長〜く楽しく走ることを楽しまれています。

今回は福岡ストアのオープニングイベントとして
特別にゼロベースランニングラボラトリー(研究所)に出張してもらいます。

【日時】4/10
【参加費】無料
【場所】STRIDE LAB 福岡(e-moshicomでエントリー)

走り方や痛みについての疑問・質問・etc…なんでも質問募集中!

募集ページ
(このページから、痛み・疑問など質問があればなんでも書き込んでください!当日、高岡さんに答えていただきます!)

ランニングをとことん考え、ランニングでとことん遊び倒す。

そして最高のゴールテープを切る。

そんな大人が集まる場所です。

 

高岡尚司(たかおか・しょうじ)
1978年8月生まれ、熊本県出身。高校から陸上競技をはじめ、主に中距離選手として活躍。大学卒業後、鍼灸マッサージ師を志して専門学校へ。現在は治療院等で勤務する傍ら、自身の生み出したランニングメソッド『ゼロベースランニング』をもとに、ランニング指導などを行う。裸足でのフルマラソン元日本記録(2時間45分39秒)保持者

(ゼロベースランニングイベント)
3/30 ゼロベースランニング道場 福岡・天神
4/13 ゼロベースランニング道場 福岡・天神

 

STRIDE LAB 福岡ストア
オープニングイベント

3/31(日)走りを見直してパフォーマンスUP! 
ゲスト:矢田夕子さん

4/10(水)出張ゼロベースランニングラボラトリー
ゲスト:高岡尚司さん

4/20(土)Tomo’s session in Fukuoka Day1-running life-

4/21(日)Tomo’s session in Fukuoka Day 2 -Blood flavor-

 

STRIDE LAB 福岡

福岡県福岡市大名に3/30グランドオープン

Tomo’s session in fukuoka

トレイルランニングの世界では、とてつもない長い距離を走るレースが数多くあります。その中でも100mileレースは格別です。

100mile=約160km

レースの舞台は多種多様、
山岳地帯の暴風の中を進んだり、ハワイの鬱蒼とした森の中に分け入ったり、はたまた日本の野山を駆け抜けたり…
100mileレースは多くのトレイルランナーの憧れになっています。

そんな100マイルレース界において、
「生涯で100マイルを100本完走すること」
を人生におけるミッションとしてかかげ、日本におけるムーブメントを起こすきっかけを作った男がいます。

井原知一さん、通称「トモさん」です。

Processed with VSCO with a6 preset

日本を代表する100マイルレーサーとして知られるトモさん。

走り始めたきっかけは変わっています。
勤めていたスポーツ商社のダイエット企画で社員サンプラーになり、トレッドミルで走り始め減量に成功。
それ以来走ることがライフスタイルとなり、トレイルランニングとも出会ってレースにも出るようになりました。

それが約10年前…
現在までに100マイルレースを48本完走
(2019月2月時点日本人最多)

夢は100マイルを100本完走することと共に走る楽しさを広げていくこと。

自分がトレイルランニングに魅了され生活・考え方が変わったこと。その素晴らしさを他の誰かに伝えようとイベント・ポッドキャストなどで楽しさを伝えています。その姿にインスパイアされて、多くの方々が走ることをライフスタイルに取り入れています。


そんなトモさんを福岡にお招きしてイベントを行います。

 

初九州イベント

Tomo’s session in Fukuoka

【日時】4/20-21

【参加費】1セッションあたり4000円
    1日セットの場合5000円

【場所】STRIDE LAB 福岡
福岡市赤坂
(3/12のお昼の12からe-moshicomでエントリー開始)

イベントは2日連続で行われて、
  1日目がランニングライフ
  2日目はBlood flavor
         とテーマを変えます。

それぞれの日で
朝からフィールドで行うトレイルセッション
夜からストアで話すトークセッションを行い、

内容を日によって変えていくことで、色々なお客様に楽しんでいただけるようなイベントにしていきます。

 

Day 1 テーマ「ランニングライフ

1日目はトモさんがトレイルランニングを取り組むようになって変化したライフスタイルを紹介・実践。

◯トレイルセッション
身近な福岡の街をフィールドに、練習場所にしてランニングライフに取り入れる。
・身近な場所でどうやって 練習すればいいの?
・何から始めたらいいのかわからない…
といった方にオススメ

◯トークセッション
・レースの取り組み方
・質問のコーナー(事前に募集)

[Day1:4/20 スケジュール]

  9:00  集合予定
   トレイルセッション
  15:00 終了

  19:00
   トークセッション
  21:00 終了

申し込みはe-moshicomかnakahira@stridelab.jpまで。

Day 2 テーマ「Blood flavor

2日目はよりコアに楽しむランナー向け。

◯トレイルセッション
身近なフィールドでトモさんと一緒に走ります。
・トモさんと一緒にがっつりトレイルを走りたい
・「ハンガーノックになっても、ロストしても全て自業自得ですアーメン」と
笑えるような方々にオススメ。

◯トークセッション
・世界の100マイル
・質問のコーナー(事前に募集)

[Day2:4/21 スケジュール]

  9:00  フィールドに集合予定
   トレイルセッション
  15:00 終了

  19:00
   トークセッション
  21:00 終了

申し込みはe-moshicom

nakahira@stridelab.jpからご連絡ください。

この時期、トモさんは世界一過酷と言われる
バークレイ・マラソンに参加された直後のイベントになります。

東京でもポッドキャストでもなかなか聞くことができない、
お話を福岡で聞くチャンス!


この機会を是非、お見逃しなく。


オープニングイベント altraアンバサダー 矢田夕子さん

3/30にオープンする、ランニングプロショップ STRIDE LABの中平です。
今回はオープニングイベント①をご紹介。

東京のストライドラボのすぐお隣にある、治療院&トレーニングジム
TREAT

鍼灸・マッサージの治療院でありながら、パーソナルトレーニングやランニングの測定など様々なサービスを行い、個々のお客様の「生涯スポーツ」をサポートしています。

お店にはアスリートから、趣味を楽しむための市民ランナーまで様々な方が足を運ばれています。

ランニングの測定、ドリル、コンディショニングなどなど普通のランナーではできないプロによるアプローチで、レースに向けて練習されています。

・レースを楽に楽しく走るようになりたい
・タイムを伸ばしたい
・自分のフォームが間違ってるんじゃないか不安
・同じところを怪我してしまう

そんな、自分だけでは解消できない悩みを持つ方にもそれぞれに合わせた的確にパフォーマンスアップに繋げています。

「でも行ってみたいけど、TREATって東京やんか」という方々

大丈夫です

31日に福岡で、TREATの矢田夕子さんをお招きしてオープニングイベントを開催します!

矢田さんは陸上競技の元実業団選手。
陸上を引退してからは鍼灸・あん摩のマッサージの資格を取得されました。
つまり「走り」と「身体」のエキスパートなんです。

自然な「走り方ができる究極のシューズ」というコンセプト
を持つシューズブランド『ALTRA』のアンバサダーでもあります。

福岡のオープニングイベントでは、ストレッチの方法、ランナーが以外に使えていない臀部(お尻周り)の筋肉の使い方を意識して効率的な走り方を身につけていきます。
このトレーニングメニューを取り組んで、
「走り方が全然変わった!」という方も多くいらっしゃいます。

今回は、東京の「TREATランニングクラブ」で行なっているトレーニングを無料で体験していただきます。

実は今後はTREAT RUNNING CLUBは福岡にも進出予定です。
今回は無料でその内容をお試しいただけます。

ご興味がある方はぜひご参加ください。



矢田 夕子

松下通信工業株式会社(現在 パナソニック株式会社)の女子陸上競技部に所属し実業団にて競技生活を積む。
怪我ばかりで走れなかった実業団での経験を生かそうと思い、2007年引退後すぐに神奈川衛生学園専門学校へ進み、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師に。
現在はトレイルランニング、ウルトラマラソンを中心にランナーとしても活動中。

  • ●所有資格鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師(国家資格)
  • ●レース歴2016年 青梅高水トレイルマラソントレイルラン 優勝
    2016年 野辺山高原100kmウルトラマラソン 優勝
    2016年 UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ) 準優勝

アルトラの試しばきもありますのでぜひご参加ください

 



申し込みはこちら
から!
【日時】3/31
【対象】ランニング
【集合場所】STRIDE LAB 福岡(着替えも可能です)
【定員】30人
【参加方法】e-moshicomからエントリー
【参加費】無料